医師紹介

ごあいさつ

下肢静脈瘤は、日本人の10人に1人が発症する病気ですが、今すぐ命に関わるという病気ではありません。しかし、治療のタイミングを逃すと症状が進行し、完治を望めなくなるばかりか、皮膚潰瘍にまで進行する病気です。

外科医として働いていた頃は、ストリッピングと呼ばれる入院治療がメインで、患者様の負担が非常に大きかったのですが、2011年に下肢静脈瘤の治療に大きな変化を迎えました。
下肢静脈瘤の治療に「レーザー治療」が保険認可されたのです。
これにより患者様のお体への負担を最小限度に抑え、日帰りで、かつ保険診療として治療することが出来るようになりました。

一人でも多くの方に下肢静脈瘤を知って頂きたく、保険診療として「高崎静脈瘤クリニック」を開院いたしました。
ふくらはぎのあらゆるお悩みの方、ぜひ一度、高崎静脈瘤クリニックへご相談にいらしてください。
スタッフ一同おまちしております。

松村ともゆき 医師

高崎静脈瘤クリニック 院長

松村 智文(まつむら ともゆき)医師

経歴

2009年 群馬大学医学部医学科卒業
2009年 (財)老年病研究所附属病院 脳神経外科 整形外科 麻酔科
2011年 医療法人 翔友会
2014年 都内クリニック勤務
2017年 医療法人 西美会
2018年 川越下肢静脈瘤クリニック
2019年 高崎静脈瘤クリニック

所属学会

  • 日本静脈学会会員
  • 日本脈管学会会員
  • 日本抗加齢医学会会員
  • 日本レーザー医学会会員

資格・免許

  • 下肢静脈瘤血管内焼灼術認定医
血管内焼灼術実施医認定証 松村智文医師